おまとめローンを比較するポイント

複数の消費者金融や銀行などからお金を借りていた場合に、返済の期限がそれぞれ異なっているために、ついうっかりと返済が遅れてしまい、それがもとで違約金にあたる金利が割り増しされてしまうなどといったことがあります。また、金利の部分が高すぎるために、実際に返済ができるほどのお金が集まらず、滞納になってしまうということも考えられるでしょう。こうした場合に、最終的な手段としては、裁判所に申し立てて、自己破産をするということも想定されますが、自己破産となった場合、数年間はカードローンなどでお金を借りることが困難になるほか、住所氏名が官報に掲載されてしまうなどといった、かなり大きな不利益をこうむってしまうことがあります。

そこで次善の策として検討したいのが、銀行や消費者金融などが提供しているおまとめローンとよばれるサービスです。このおまとめローンというのは、ローンの一種であることはたしかですが、これまで複数の金融業者にわかれていたローンをいったん返済して一本化するという目的に特化したものといえます。そのため、おまとめローンを返済中は、他の業者からは借り入れないなどの条件が付けられることがありますが、金利は従来のものよりも安く設定されているため、毎月の返済金額をこれまでと比較すると、かなりの負担軽減になるはずです。こうしたおまとめローンを申し込みにあたり、どの業者と契約をするかですが、まずは金利の水準を比較してみめことがたいせつです。金利が高くなってしまえば、これまでのローンとあまり大差がなくなってしまい、せっかく申し込みをする意味がなくなってしまいます。また、貸し付けの期間についても比較のポイントであるといえます。貸し付けの期間が十分に長ければ、毎月の返済金額も少なくなるはずですので、結果として負担感はより軽減されるといえます。ただし、期間が長くても、金利が高い場合には、トータルで支払う返済金額も高くなってしまう場合がありえますので、事前にシミュレーションすることも必要です。