月々の負担を軽減するおまとめローンとは

カードローンは非常に便利であるため、借り入れ額がどんどん増えていくことがあります。すると、返済のために他の金融機関からさらに借り入れるという方も珍しくありません。しかし、複数の金融機関をまたがってローンを利用することは、1ヶ月あたりの返済額を増大させてしまうこととなり、返済困難に陥ってしまうことに繋がります。いわゆる多重債務の状態です。高額な多重債務はそのまま返済を続けて完済に辿り着くことが容易ではなく、何らかの対処が必要となります。多くの多重債務者にとって強い味方となるのがおまとめローンです。おまとめローンとは複数の債務を一本化することによって毎月の返済の負担を軽減するローンです。(おまとめローンについて

2010年に総量規制が定められたこともおまとめローンを利用する方が増えた要因の1つです。総量規制とは消費者金融から借り入れられる総額を年収の3分の1までに定める規制です。それまでは3分の1を超える債務を複数の金融機関をまたがって行うことで何とか返済額を確保していた方も少なくなく、それはこの規制以降できなくなりました。その場合に対しての救済措置としてもおまとめローンは非常に有用です。おまとめローンはそれぞれの金融機関によって金利、審査の難易度、限度額などが異なっています。それを鑑みて金融機関を選択することが必要となります。おまとめローンはその性質上、返済総額が大きくなりやすい傾向があるので金利は非常に重要です。金利が低ければその分負担が減り、確実に返済できる可能性は高まります。ところが、月々の返済額を低くしすぎると返済の期間が長くなってしまうことに注意が必要です。いくら金利が低くても返済の期間が長くなると、返済総額が大きくなります。返済総額が大きくなってしまったとしても月々の負担を減らしたいというケースもあり、メリットとデメリットを踏まえて利用することが大切です。もちろん、審査をクリアしなければ元も子もないのでその点には留意しておきましょう。